コラム詳細

公開日:2020年03月05日

メインイメージ3

不動産売却時や購入時に知っておくこと。

一般媒介と専任媒介と時代の流れ

売却をご依頼されますお客様の中には、『同時にたくさんの業者に販売を依頼できるから、早く・高く売れる一般媒介契約でお願いします!』と言うお客様がいらっしゃいます。

 

同じようなイメージを持たれている方も少なくないと思いますが、その選択はひと昔前までは正解で、現在は間違いに変わってきました。

 

昔の話ですが、「家を売りたい」と思った売主様は、とりあえず近所の不動産屋さんに自宅の販売を専任媒介契約で依頼。

 

専任で依頼を受けた不動産屋さんは、できれば買主も自分のお店で見つけた方が利益が大きいから、1店舗だけで買主様を探そうとします。

(他社には情報を極力流さないんです。)

 

不動産会社間での情報共有が乏しい時代、これでは情報の広がりは制限され、早く有利に売却が出来ませんでした。

 

このような事態を避けるために当時の売主様方は、一般媒介契約(複数社契約)を選択し、自らの足で多くの不動産屋さんに出向き、自宅の物件情報を1つでも多くの不動産屋さんに提供して回ったという経緯がありました。

 

この名残りで、今でも『一般媒介契約の方が情報が広がり有利に売れる。

専任や専属の媒介は1店舗だから幅広く販売ができない!』と思われているようです。

 

しかし現在では全く状況は変わりました。

 

インターネットの出現と浸透が不動産の業界に革新をもたらしました。

 

売主様が不動産会社1社1社に出向いてコツコツと宣伝するよりも、専任となる会社1社が不動産会社間のみで運用しているプロ専用サイト”レインズ”に売却情報を登録(強制)するだけで、他の不動産会社に対して圧倒的なスピードと効率で、無限に販売協力依頼ができるようになりました。

 

アイヒェジャパンのような小規模な会社が他県広域で、多くの不動産をお預かりし売却活動ができてしまうという理由も、実はここに隠されているのです。

 

もう1つ大事なことがあります。それは不動産会社側の目線、動く営業マンの気持ちです。

 

一般媒介で窓口会社が複数社となりますが、買主を結びつけられる窓口会社は1社のみです。

つまり各窓口となった会社は、他社窓口経由で物件が売れてしまうと、その時点で売主との接点が消滅してしまい、仲介手数料収入はもちろん広告活動経費を1円も回収できない“動き損”状態になります。

 

このことからどうしても会社は経費を、営業はヤル気を抑えた控えめな販売活動になってしまい、結果として売主様の売却を不利にする作用が生まれてしまいます。

 

逆に専任媒介や専属専任媒介ですと、情報の窓口となる会社は1社なので、売却が成立すれば必ず売主様側から仲介手数料収入が得られる!という保証付きと同じになり“動き損”の心配を、会社も営業マンもしなくて済みます。

 

つまり、費用のかかる広告宣伝を積極的に掛けることが可能となり、売却活動への熱意が格段に変わることも、この業界側では一般的感覚であり事実です。

 

これらを踏まえ現代の売却依頼で最も適した形を考えるとするならば、”信頼のおける不動産会社1社に売却の窓口となってもらい、多数の不動産会社をレインズで巻き込んで売却をしてもらう!” という形ではないでしょうか。